「災害時に情報をどう伝えようとしているのか」をお聞かせください。個⼈や地域、組織などの気象情報利⽤⼒を⾼める具体的な⽅法をご提案します。コンタクトフォーム

2015年1月18日日曜日

【世界】世界中の水害情報を取りまとめたウェブサイト

渡邉です。こんにちは。

今日は水害関連のウェブサイトのご紹介です。

ドイツや南アフリカに在住するジャーナリスト・ライターなどの3人は、FloodList(www.floodlist.com)というウェブサイトで情報を発信しています。FloodListは造語ですが、「洪水のリスト」という名が示す通り、世界各地の水害情報が日々発信されています。研究機関や国際機関ではなく、民間のチームが継続的に質の高い情報を発信していることや、水害被害だけではなく治水システムや水害対策の方法もレビューしていることが特徴です。

FloodListのトップページの例


















記事にもよりますが、水害が発生した時点などでの雨量や被害の様子がまとめられており、ここに掲載された情報を集約していけば「どこの地域が何ミリの雨に対してどう弱いか」という情報を世界各地分、得ることもできます。私自身、彼らの活動に大きな関心を寄せており、将来的に何らかの形でタイアップしていけたらと考えています。