スキップしてメイン コンテンツに移動

オンライン気象防災セミナー


※オンライン防災セミナーに関するご相談やご依頼等はこちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。講師謝金の目安は1.5時間程度のプログラムで6万円〜です(企画案の作成や資料作成、事前の打ち合わせを含む)。

オンライン防災セミナーの特徴
・セミナーの中では、地域の災害特性を踏まえた上で、災害対応に役立つ防災気象情報の使い方や注意点などをお伝えします。
・セミナー実施後に1つでも2つでも受講者の行動が変わるよう、具体的かつ実践的な知識をお伝えしています。
・セミナーはレクチャー型から双方向型までご希望に応じてお選びいただけます。
・企画のご相談からセミナーの実施まで約2ヶ月程度を頂戴しています。その間に内容に関する事前の打ち合わせや、必要に応じて事前のリハーサルを行います。
・参加者の募集やzoomの設定、zoomミーティングへの招待などの事務的な面は主催者の方にお願いをしております。

これまでに実施した気象情報の利用に関するオンラインセミナーの例
■企業の防災担当者向けセミナー(2020年7月開催)
<セミナータイトル>
台風や豪雨に対する避難行動を従業員に促す際の注意点 
―国が進める「避難行動判定フロー」を事例としてー 

<ご依頼者様>
危機管理とBCPの専門メディア「リスク対策.com」様
同媒体の「危機管理担当者向け風水害レベルアップセミナー」の講師として参加

<概要>
従業員の避難行動推進のケーススタディーとして国が積極的に展開する「避難行動判定フロー」を取り上げ、従業員の安全確保を呼びかける際に配慮しなければならない注意点やポイントを解説

<参加者>
大企業や中小企業の実務者等30名程度

<受講費>
参加者一人につき8,000円

<お話しした内容>
・避難行動判定フローの基礎的な枠組み
・避難行動判定フロー作成に至った近年の動き
・避難行動判定フローの3段階のフレーム
・それぞれの段階ごとに、避難行動判定フローの中で参考とすべきとされている情報
・避難行動判定フローの課題点・注意点 
(1)災害分析が一部に限られる恐れ
(2)災害による影響分析が弱い
(3)避難に必要なリードタイムの分析が弱い
(4)レベル3や4などの情報がタイムリーに発令されるとは限らない
(5)防災情報や気象情報の紹介・説明の箇所が説明不足
・従業員へ伝えておきたい視点やポイント
・避難行動判定フローの良い点・追加が必要な点
・災害時の行動と手がかりや情報を合わせたようなシート案の提示

<その他>
・受講者の方が防災関係の知識がある方であったため、一般的な内容ではなく問題提起型の構成を採用
・zoomを利用し、1時間程度のレクチャーとその後20分程度の質疑応答を実施
・質疑応答の時間中にzoomのチャット機能で寄せられた参加者からの質問に回答
・使用した資料はパワーポイントで表紙を含めて72枚。参加者には事後に事務局より送付