2015年2月5日木曜日

【お知らせ】気象情報利用力の向上に特化したツールの自治体向け販売開始について

こんにちは。渡邉です。

以前に少し記事として書いていましたが、住民が気象情報をうまく使って防災対策を行えるようにする小冊子を作成しました。『住民防災ツール』と名付けています。

住民防災ツールは全8ページで、日本向けということでキャラクターを多く取り入れ、読みやすい形にしています。中身は、気象レーダーを使って大雨に気づく方法や、雨量情報を基に地域への影響を把握できるようにデザインしています。

私自身は10年以上前、被災自治体の防災担当者でして、気象に関する知識がない状態で仕事をしていました(この回のブログで懺悔しました)。このツールにはもちろん、その当時の自分にとってあったらよかったなというノウハウなどを数多く詰め込んでいます。

住民防災ツールは自治体で防災対策に当たられている方にのみ、サンプルをお配りしています(個人向けには制作費の都合上、現在のところ販売しておりません)。

サンプルのお申し込みは、以下の特設ページからお問い合わせください。

”住民防災ツール”


気象とコミュニケーションデザイン編集の『住民防災ツール』 Designed by Akiko Miki