「災害時に情報をどう伝えようとしているのか」をお聞かせください。個⼈や地域、組織などの気象情報利⽤⼒を⾼める具体的な⽅法をご提案します。コンタクトフォーム

2015年3月5日木曜日

(編集後記)お便りありがとうございました他4点

こんにちは。渡邉です。

今日は久々に編集後記です。思いつくまま書いていきます。

1.
大阪府のある市の事例をこのブログで取り上げていたのですが、その市の担当者の方からメールを頂きました。その記事は市の取り組みの良い点を書きつつも、半分以上やんわりとダメ出しをし続けたという内容で、まさかまさか担当の方が気づいて読んでいただけたとは・・・!読んで頂いただけでもうれしかったのですが、私がまとめた指摘事項を今後の参考にしていくとのことでした。非常にありがたいと思います。

2.
先月ふと始めてひとまず終わらせた「避難勧告の基準特集」を冊子状にしてお配りしています。ワードで十数ページの代物です。個人の方や自治体の方にデータをお渡ししていますので、ご関心のある方はこちらからお問い合わせください。






3.
現在私はオランダのロッテルダムに住んでいます。オランダで在留許可を得て滞在していると、地方選挙の参政権が与えられます。水関係の機関の選挙が3月18日にあるらしく、投票券が送られてきました。どのような組織なのかいずれ記事にまとめたいと思います。

4.
花粉症もちですが、オランダの春はそういえば症状がなく平気です。ニーズに基づいて天気予報が組まれるため、日本では花粉の予測が気象ニュースの一部として流れますが、オランダではどうでしょう?一度天気予報の番組を見てみたいと思います。

5.
ニーズに基づいた予報と言えば、桜の開花予測がその例です。これは日本特有の事象かもしれず、気象情報の使われ方を文化的に見る上で面白い事例だと毎年思っています。