2015年3月28日土曜日

【世界】ベルギーでは10日先までの洪水予報の詳細が簡単に閲覧できます

こんにちは。渡邉です。

欧州の気象情報/洪水予報等のポータルサイトを巡る旅、第2弾はベルギーです。

WATERINFO.beがそのサイトです。ちなみにこのサイトの表示言語は3種類あります。ベルギー北部はオランダ語圏、南部はフランス語圏のため、蘭語・仏語の他に英語も選ぶことができます。

ベルギーの降水・河川状況等のポータルサイト(こちらです)















基本的なメニューとしては、以下のとおりです。
1. 洪水
 1.1  現在の状‘況
 1.2  48時間以内の短期の予測
 1.3  10日間先までの長期の予測 
2. 潮の影響(沿岸部だけではなく、潮の満ち引きで影響を受ける河川も含む)
 2.1  現在の状況
 2.2  48時間先までの短期の予測 
3. 降雨
 3.1  現在の状況
 3.2  過去から48時間先までの短期の予測 
4. 干ばつ
 4.1  現在の状況
 4.2  10日先までの予測
実際に触ってもらえると分かるのですが、かなり細かい情報が公開されています。特に便利そうだと思うのは、1.3として挙げた10日先までの長期の洪水予報です。実際の例は次のようになります。

10日間の洪水予報の例

















一番上のグラフが河川の流域雨量("NU"とあるのは現在の時間です)、2段目が水位、3段目が流量です。

先のことになると不確実性が増す訳ですが、そこはモデル計算結果のばらつきがそのまま表示されているようです(1段目では予測の線が複数あること、2段目・3段目ではグラフの示す幅が広いことを指して言っています)。

「予測には幅があるものだ」という理解を持ちながらこれを利用すれば、概ねいつ・どのような規模で増水する可能性があるのかを前もってつかみ、ある程度対策に活かすことができます。

このレベルの情報が一般に入手しやすい形で公開されているのはベルギーの1つの特長だと思います。