「災害時に情報をどう伝えようとしているのか」をお聞かせください。個⼈や地域、組織などの気象情報利⽤⼒を⾼める具体的な⽅法をご提案します。コンタクトフォーム

実践的な災害対策マニュアルづくりのチェックリスト

備えるべき災害の明確化
□ 影響を被りうる災害がハザードマップや過去の事例を通じて具体的に整理されていますか?
□ どの規模の災害に備えなければならないか検討されていますか?

災害対応に必要な時間の把握
□ 災害対応に必要な自らのリードタイムについて把握されていますか?
□ 平常時や休日・夜間などに応じて対応に必要なリードタイムが検討されていますか?

防災情報・気象情報の使い方
□ 防災情報や気象情報に対応する形で体制や行動のトリガーが設定されていますか?
□ 災害対応に必要なリードタイムと気象情報等が提供するリードタイムにズレはないですか?
□ 意思決定に使うことができる防災情報・気象情報が整理されていますか?
□ テレビ・ラジオに情報源を絞っていませんか?
□ 情報を自ら確認していく体制ができていますか?
□ 情報を使って判断することができるようになっていますか?